2002
575M Maranello
伝統のフロント・エンジン・レイアウトを採用した550マラネロの正常進化版が575Mマラネロだ。同レイアウトのV12としては初となるF1マティックが採用され、車名からも分かるように575ではストロークを2mm延長され総排気量が274cc増加して5748ccとなった。圧縮比は11.0:1まで高められ、最高出力は先代比で+30hp、最大トルクは+2.0kg-m、最高速度はプラス5km/hの325km/hをマーク。スタイリングは、基本的に550マラネロに準ずるが、フロント・マスクは丸みを帯び、ホイールはエッジの効いた新デザインとなった。
●水冷65°V型12気筒DOHC4バルブ
●5748cc
●515HP
●生産台数:――――
このページを閉じる